2014年

5月

05日

無料体験にいらしてください

今日も男女共に多くの方が来て頂き賑やかな時間です(^^)

身体の事について色んな質問もありますが、今日は女性の方が悩みの多いお話を。(勿論勉強されている男性の皆さんもサポートしていける仕事です)

 

我々ボディケア整体は女性に役立つ20年間の臨床メディカルアロマの授業から抜粋しまして毎回講義致しますメンズアロマセラピストもしっかりと学びます。

身近な友人知人家族が
子宮けい癌と検査で言われたら貴方はどうしますか当スクールでは20年間の臨床データから全く同じ子宮けい癌2bと診断された三人の方がいました
Aさん
子宮けい癌と言われ
様子みるから半年ごに来なさい
 
半年ご
27才子宮全摘出手術卵巣一つ摘出手術
手術ご七年になりますが片方の足が二倍位太くなるリンパ浮腫に苦しんで精神的にバランス崩しています
Bさん
手術断り
38才で無事に男児出産
当メディカルアロマスクール生徒さんと親友です
AさんBさんは友人です
Cさん
29才
病院から何の治療しないで半年様子みるからそれから来て下さいと全くAさんと同じく
 
偶然メディカルアロマ講義でAさん体験聞いてびっくりしまして
メディカルアロマビデで
現在二年間になり
検査したが子宮けい癌ではないと診断されました。
 
女性の生理の事で意見がありました
アロマビデがいかに大事かわかります
女性ホルモンのはたらきと効果女性の最も重要な機能である排卵」と「生理」を 調整する女性ホルモンは。
例えば骨を丈夫にしたり、肌や髪に艶を与えるといった美容効果が挙げられます。
その他にも記憶力や食欲の抑制、自律神経を安定させる役割を持ち、体とともに心状態にも影響を与えます。
ホルモンバランスが崩れやすい生理前は、とりわけイライラしたり、精神的に不安定になる人が多く見られるのです。
 
2つの女性ホルモン
女性の健康を左右する女性ホルモンは、主に2つの種類からなります。
ひとつはエストロゲン(卵胞ホルモン)は、子宮の発育、乳房の発達、皮下脂肪の発達、異性への関心にかかわります。
もうひとつはプロゲステロン(黄体ホルモン)子宮内膜を発達させ胎盤をつくります。(妊娠準備をする)
また、妊娠に必要な環境を整えたり、乳房の発達を促します。
 
エストロゲン優位期(生理後)…肌ツヤが良く、心身ともに快調。精神的に安定。
 
プロゲステロン優位期(生理前)…水分や血行が滞り、肌荒れ、腹痛、肩こり、便秘などの不調が出やすい。精神的に不安定。
 
女性ホルモンと生理周期
 
女性ホルモンは、ひとつの生理周期の中で「卵胞期」「排卵期」「黄体期」「月経」の4つの周期に分かれます。
これは生理の周期によって、女性ホルモンの分泌量が変化しているために起こる現象です。
 
生理周期は人によって25日~38日とさまざまですが、最も理想的とされる28日周期の女性を例にとった場合、この女性は生理が始まってからおよそ14日目に、排卵をする迎えます。つまり、生理が始まる14日前です。
 
排卵を終えると、女性の体内ではプロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンが分泌されるようになります。しかし妊娠をしていない限り、このプロゲステロンは排卵後最長でも14日間しか分泌されません。
一方、排卵の直前に分泌量が最も多くなるのがエストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンで、このエストロゲンも妊娠が成立しない限り生理に向けて極端に減少します。
このように排卵を境に女性ホルモンが減少していくことで、生理は起こるのです。
ただし、女性ホルモンはストレスや疲労などの影響を受けやすいため、周期に伴う分泌量の変化はその時々によって前後することもあります。
 
生理のメカニズム
通常、25~38日が一般的な生理周期と言われています。中でも最も理想的な周期は28日。
 
量は夜用ナプキンを使用しても漏れてしまったり、2~3日以外でも極端に出血量が多く、貧血を起こしてしまうような状態であれば、何らかの異常があると考えられます。
若い女性で以前、生理が7日あったのにも関わらずある日を境に3~4日しか生理が来なかったり、妊娠をしていないのに2か月も3か月も生理が来ないのも異常があります。
 
閉経前は生理日数が短くなったり、長くなったり、突然生理が止まるケースや短くなったり、長くなったりを繰り返して終わるというパターンがあります。
閉経年齢は50歳前後です。
 一般的に4~5日で終わるケースが多く見られますが、3~7日の範囲であれば特に問題がないとされていますが、子宮系の病気にかかる方が年々増えている傾向にあります。
理想としては、2~3日目をピークに出血量が減少し、7日目頃に終わるパターン。
もしも、8日以上ダラダラと続いたり、2日以内で終わってしまう場合は病気の可能性大で、要注意です。
 
 私がなぜアロマビデを推進するかわかりますね。子宮クリーニングのアロマビデで病気予防を広めたいのです。子宮内膜症、子宮筋腫、子宮系の病気トラブルを抱えている方が多いからです。
誰だって病気には絶対になりたくないものです。アロマビデをやるのも水溶性アロマを子宮の辺りや鼠径部に塗るのも自分次第です。
 
是非無料体験にいらして下さい。
 
お問い合わせは
info@detentearoma.com